ちょっとHなスポンサードリンク ー ご賞味あれ ー






笑い話 夫婦の会話:同情


夫婦の会話も風雨に晒されてくると、こんなになる。もっと覚めてくるとこの会話すらなくなる。この夫婦の会話はまだ、言い合うだけでもましかもしれん。しかし、これは笑い話だけど、笑えないね!
こんな会話は誰しも一度や二度はしたことあるだろう。
妻:誰もあなたに同情する人がいないから、私あなたと結婚して上げたのよ!

夫:そんなら君はうまくやったことになるね。今じゃ誰もが僕に同情してくれるからね!




【トップページへのリンク】全てのページにはトップページへのリンクを張るようにしています。
  http://niya-nikoniko.seesaa.net/
posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑い話: 何が大事? 妻か卵か


 人生には大事なこと、あまり大事でないこと色々ある。しかしとっさの時には、自分の日ごろ感じていることが、出てしまうものだ。
 そういえば、私の友人も、阪神淡路大震災の時、自分一人で家を飛び出してしまい、奥さんに愛想尽かされたという話。くれぐれもご注意あれ。
ある朝、目が覚めたら、妻が寝床の上で死んでいるのが見つかった。彼はがばっと跳ね起き、顔面蒼白、あたふたと階下に転がり降りて、大声で叫んだ。「うわあ!だれかきて!」
家政婦もびっくりして聞いた。「ご主人さま、どうなすったんです?」
「朝ごはんの茹で卵は一個でいいから!」

posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなた選んでよ!


これに似た話はよくあります。
夫が仕事から帰って来た時、妻は夕飯の準備をしていた。
「ねえー、今晩のおかずはあなた選んでもいいわよ。何にする?」
「じゃ、一体何があるんだい?」
妻が答えて曰く、「お豆腐よ」
「他に何を選べるんだい」
「あんた!食べるの食べないの!」


posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新婚夫婦の会話「わたしたち」


新婚っていいものです。笑い度指数:70

新婚さんの新婦が新郎に言った。「ねえー、あなた、私たちは”わたしの”とか”ぼくの”というの、なんとなくよそよそしくていやだわ。これからは「わたしたちの」とかあ「僕たちの」と言うようにしましょうよ。」
新郎がシャワーに行った後、しばらく出てこないので、新婦は心配になって聞いた。「あなた何をなさっているの?」
「あのね、いま僕たちの髭をそっているところなんだ」




【トップページへのリンク】全てのページにはトップページへのリンクを張るようにしています。
  http://niya-nikoniko.seesaa.net/
posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食べて効くコンドーム


飲んで効く、コンドーム??
 ある新婚ほやほやの夫婦、まだしばらくは子供は要らないと考えている。しかし避妊の仕方が分からない。
そこで、思い余って医者に相談に行った。医者は早速彼らにコンドームを処方した。
 夫婦は喜んで家に帰った。ところが何ヶ月か後、妻は妊娠してしまった。夫は怒って、医者に怒鳴りこんだ。
「先生、どないしてくれる?」
医者は訝って尋ねた。「ところで、あんたがたはあれをどう使ったのかね。」
夫は答えて曰く、「あん時の前に、妻に一回に2個飲ませたんがや。」
医者はしばし絶句!





【トップページへのリンク】全てのページにはトップページへのリンクを張るようにしています。
  http://niya-nikoniko.seesaa.net/
posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皇帝の房事と宦官


 この話は非常によく出来ている。大分下ネタではあるが、あまりに面白いのでアップすることにした。笑い度指数:100わーい(嬉しい顔) 色気度指数:90ハートたち(複数ハート)

 ある新米の宦官は皇帝のベッドの下でつい、うっかり眠りこんでしまったが、「皇帝の言いつけや皇帝の御側女様との房事を皇帝のベッドの下で聞こえたけど、聞いていないんだ」と自分で決めてかかっていた。
 彼は翌朝発見された。

 皇帝は曰く、「そなたはどのくらい朕のベッドの下にいたのだ」
「お答えします。日が暮れて夜が明けるまでの丸五更(一更は約2時間)はいたかと・・。」
「そなたは一体何を聞いたのだ」
「一更目はあなた様と彼女は一緒に絵を鑑賞されていたかと・・。」
「どうしてだ」
「あなた様と御側女様が、『いらして、私の双秀乳峰を見せてあげる』とお話ししているのを聞きました。」

「二更目は?」
「二更目はあなた様は下に落ちられたようです。」
「なんでそう思う」 
「御側女様が『早く上がっていらして〜!』と仰っていましたから。」

「で、三更目は?」
「皇上さま方は蟹を食べていらしたようで」
「どうしてだ?」
宦官は答えて曰く、「あなた様が、『脚を広げて』と仰っていましたから」

「で、四更目は?」
「四更目は、あなた様のお母さまがお出でになったようで・・。」
「どうしてそういうのだ」
「御側女様が、大きな声で、『ああ、お母様、ああ、あーあ、お母様』と仰っていましたから」

「で、五更目は?」
「皇上様と御側女様は将棋を指しておられたようで・・。」
「どうしてそんなことを言うのだ?」
「私めは、御側女様が『さあもう一つ打って、もっと打って』と叫んでおられるのを聞いております。」




【トップページへのリンク】全てのページにはトップページへのリンクを張るようにしています。
  http://niya-nikoniko.seesaa.net/
posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妻の誕生日プレゼント


誕生日プレゼントに夫は首飾りを買った。妻はその値段が大層高いのを知って、大変喜んだ。眺めた後、妻は言った。「ねえ、あなた〜ん。私にベンツ車を買ってくれてたら、もっと嬉しかったんだけど。」
 「うん」 夫はつい口を滑らして言った。「おしいことにベンツはまだイミテーションは出ていないよ」


posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑い話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

内臓脂肪に気をつけて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。