ちょっとHなスポンサードリンク ー ご賞味あれ ー






笑えない話:10円の賽銭泥棒と320億円の税金泥棒


以下は産経新聞 12月20日(木)11時50分配信のYahooニュースである。まずはなにはともあれ、ご一読願いたい。
 但し引用文中の強調文字、アンダーライン等の文字飾りはこのサイトの筆者によるものである。

10円とはいえ現金」賽銭盗んだ男に懲役1年 大阪高裁
 今年5月、和歌山県高野町高野山の金剛峯寺で地蔵の前に供えられた賽銭(さいせん)10円を盗んだとして、窃盗罪に問われた大阪府在住の無職の男に対する控訴審の判決公判が20日、大阪高裁で開かれた。

 裁判長は、懲役1年8月(求刑懲役2年6月)とした1審和歌山地裁判決を「10円の窃盗でこの量刑は重すぎる」と破棄。その上で「10円とはいえ現金。刑事責任は軽視できない」として、改めて懲役1年の実刑判決を言い渡した。

 弁護側は1審段階から、「賽銭で遊んでいただけ」と無罪を主張。これに対し、裁判長は判決理由で「弁解は不合理で信用できない」と窃盗の故意を認定した。

 判決によると、被告は今年5月13日午後、金剛峯寺にある織田信長供養塔で、地蔵の前に供えられていた賽銭の10円玉を盗んだ

 これって少し変じゃない? 確かに10円でも犯罪は犯罪だが、その為に一体幾らの税金が使われているのだろう。裁判官の給料、地方裁判所では何人の裁判官が、これに係るのかもしれないが、すくなくとも複数、検察官の給料、裁判所の吏員の給料、維持費、書類作成費、紙代、電話代、その他この裁判に係る費用を計算したことがあるのだろうか。すべて税金で賄われている。裁判官や検察が泥棒とまでは言わないが、いくらシステムと言え少しおかしいのではなかろうか。大体10円の賽銭のために、多額の税金を投入して、裁判官や検察、弁護士が難しい顔をして、法律論争をしている情景を想像しただけでも、いかにも滑稽なことに思われるのだが・・。こういうのは交通違反と同じで違反切符などの行政処分で済ませるべきではないのか。もっとも行政処分に不服で、裁判に訴えたら別だろうが、この場合そんな話があったとは考えにくい。さらにこれは実刑判決である。執行猶予もつかない。検察に何か裏があるのではとまで考えてしまう。ドフトエスキーの「罪と罰」のような深刻な問題ではないのだ。

 もっと深刻な問題は他にいくらでもある。先日行われた選挙の結果、政党に所属する政党助成金の割り振りが決定されたそうだ。全部で2012年度は330億だったというから、恐らくそれに近いもしくはそれを越す金が割り振られるのだろう。そもそも政党助成金は政党の企業献金をなくするために作り出された制度であるが、自民党には経済団体などから、すでに献金がなされているという。その結果なされる政治は明らかだろう。すくなくとも政党助成金から貰いうけた企業献金は減額すべきだろう。私は政党助成金を受け取った政党は全て税金泥棒と考えている。
 さらに今回の選挙である党の所属の議員が、選挙期間中は所属政党とは違うところから立候補し、選挙が終わったら再び元の所属政党に帰るということを考えていた議員もいたという。彼らが無事当選したかどうかは知らないが、すくなくとも意図的には完全に詐欺罪ではなかろうか。
 
 これが日本の民主主義だと考えている。即ち一応の形は整っているが、社会の支配的な層に属するものには幾らでもその抜け道的な仕組みが用意されている。しかし被支配者層には権力をかさに、建前を盾に襲いかかってくる。これが日本の民主主義である。罪は罪しかし、もう少し何とかならないものかねえというのが偽らざる心境である。

【トップページへのリンク】全てのページにはトップページへのリンクを張るようにしています。
http://niya-nikoniko.seesaa.net/


posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑えない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑えない笑い話:家にいるのが辛い 妻の暴力


 最近ではが男に暴力をふるうことがよくあるようだ。しかし報告されている全ての事例で、暴力が男を上回ったとは考えにくい。半分以上は気力で上回っているとか、支配できる別の要因があったとかではないだろうか。尼崎の例でも、は配下に自分の言うことは何でも聞く腕っ節の強い手下を連れて暴力を振っていたようだ。男の暴力を使ってが男に暴力をふるうことがかなりあるのではないだろうか。
今日のニュースでも女子中学生が男子生徒に鋲と墨汁で入れ墨を入れて逮捕されていた。この場合、女学生は自分の知り合いか何かに暴力団がいると言って男子学生を脅していたようだ。何ともすざまじい事件だ。
 しかしそれにしてもいずれは女が男を支配する世の中が来るのではと思う。太古の昔は女が優位に立っていたが、生産力が高まってくると男の社会に代わり、3000年以上も続いた。今の世の中、スポーツ以外、男が優位性を発揮できる仕事はそれほどあるわけではないのだから。

 夫がの凶暴な暴力に耐えかねて家から逃げ出し、ホテルに泊まった。

 ホテルの主人は彼のために部屋を開けてくれ、愛想良く言った。「この部屋はいいですよ。お客様はご自分のお家におられる時のように寛げますよ。」
 男はそれを聞くや否や大声で助けを求め、「神様どうか部屋を換えてください。」



【トップページへのリンク】全てのページにはトップページへのリンクを張るようにしています。
http://niya-nikoniko.seesaa.net/


posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑えない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑い話:笑えない笑い話 仕返し・報復


 笑い話のネタには、ケチな親方、馬鹿な殿様等が使われるが、ここに出てくる執念深さもネタになっている。臨終間際で、まさにこれからあの世に旅立とうとしている男が、自分の受けた苦しみを隣の人間にも味あわせてやろうという発想は、何とも滑稽に聞こえる。
 こんな話を聞くと、人間の世界は生きていくことそのものが、笑い話のネタという気がしてならない。とすれば、あの世で天国というところは、そう言った「生」の営みを全て取り去った世界であり、笑い話のネタなど転がっていないのだろう。あまり面白い世界ではないのかもしれない。

仕返し
 一人の臨終間際の男に向かって、妻が遺言を聞いている。
 男は息も絶え絶えに、「わしが死んだら、お前は隣の野郎の嫁になってくれ!」
 妻は理解できなかった。しかし彼は続けていった。「2年前、あの馬鹿がわしにいくら絞っても乳が出ない牛を売りつけやがった。わしは今でも、あいつに俺が騙された時の屈辱の気持ちを嘗めさせてやらんと死んでも死にきれない!」



【トップページへのリンク】全てのページにはトップページへのリンクを張るようにしています。
http://niya-nikoniko.seesaa.net/


posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑えない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑い話だが笑えない話:将棋を打つ犬


 将棋は今までたまにすることはあるが、どちらかというと囲碁の方がなじみがある。以前たまたまWeb上で将棋ゲームが無料で提供されていたので、遊んでみた。この将棋ゲームは「将皇」という名のもので、何か嵌りそうな予感がしている。このソフトの一つのモードで、1分間に何回詰めることが出来るかを競うもので、反射神経的な対応を迫られ、頭の訓練に非常にいいように思う。今自分の恐れている、認知症の予防にもってこいだ。
 将棋ゲームソフトは10年ほど前は、まだWeb上ではなかったのではないかと思う。たしか「金沢将棋」というゲーム・ソフトが未だはしりの頃だったと思う。その頃から比べると長足の進歩を遂げている。
 さて本題の将棋を打つ犬の話は今までに聞いたことはないが、コンピュータの話はこの5、6年良く聞く。最近では、プロの棋士を打ち負かしたという話すらある。その少し前には、チェスの世界でコンピュータに負けたということがあった。プロの棋士と言えば、100手先間で読むとのことだが、彼らの頭はどうなっているのかと思ってしまう。それにもまして、その内にロボットのアイボ君を相手にプロの棋士が真剣に相手をしなければならない時代が来るのかもしれない。今のアイボ君では少しコンピュータの容量で問題かもしれないが、話題の「京」を以て来れば大丈夫だろうが・・。それも時間の問題の様な気がする。
 ソフトバンクのコマーシャルのの「お父さん」とお兄ちゃんに将棋を打たせたら、この笑い話になると思うが、このアイディアはダメだろうか。
 もう一つ本当にある意味心配になる話は、最近話題のIPS細胞だ。もしこれでひと儲けしようと考えるやつがいて、犬にこの技術を適用して、賢いを「造り出し」将棋を打つぐらいならいならまだいいが、本当に人間を支配させることまでやらせることになったらと真剣に心配する。これは、SFの世界やジュラシックパークや「猿の惑星」などの映画の世界ではなしに、急速に現実味を帯びてきた。
こういう自分のことしか考えないやつは必ず出てくる。もう既にどこかで、密かに開発を進めているのかもしれない。

 ある男が友達のところに行った時。彼が彼の犬と将棋を打っているのを見た。彼はしばらくゲームを見ていて、「僕は我が目を疑うね。僕が今まで見た犬の中で、もっとも賢い犬だ。」と叫んだ。
 友人は「それほどでもないよ。」とこともなげに言い返した。「僕は5回やって3回も打ち負かしてるからね」
posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑えない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

笑い話: そんなこと聞かないで! 


この話は笑い話というより、優れた文学的雰囲気を感じる。舞台設定は戦前の色街。主人公は花街に足を踏み入れます。そこで、まだ年端も行かない遊女と一緒になる。主人公もまだ学生の雰囲気を帯びており、ここでの遊び方も知らない純情さを持っている。遊女はそんな主人公を見抜ぬきながら男に抱かれる。この会話はそういうところで交わされた会話と想像させる雰囲気がある。これは、まさに宮尾登美子の小説だな。この話の色気度は曇りのち三日月じっくり味わう話

いや!そんなこと聞かないで 

男:ねー、君いくつ?
女:あたい、そんなこと聞かれるのいやなんだ。
男:どうして?
女:どうして、ということないんだけどォー、あたいがあんたに、あんたの財布にいくら持ってると聞くのとおんなじだもん。


posted by 笑いのネタを探して歩く旅人 at | 笑えない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   

内臓脂肪に気をつけて
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。